クリスティアーノロナウド子供は何人・双子の母親は?異様な家族づくりに疑問 

LINEで送る
Pocket

現在サッカー選手のピークを過ぎた33歳といえど、未だに進化をつづけるクリスティアーノ・ロナウド。

ポルトガルをヨーロッパチャンピオンへと導き、レアルマドリードのチャンピオンズリーグ2連覇、世界中の最優秀選手に与えられるバロンドールを5回目の受賞と数々の栄誉を獲得していますね。

プライベートでも美人の彼女と子供たちと幸せそうな様子。しかし あれ? いつの間にそんな大家族に??と思った方も少なくないのでは?

いったい クリスティアーノ・ロナウド(以下クリロナ)は何人子供がいるのでしょうか?

子供はいったい何人?

2010年6月17日に 第1子 クリスティアーノ・ジュニアが誕生

2016年まで 父と息子一人の二人きりでした。

それが 2017年になり、、

6月に 双子 エヴァ&マテオ が誕生!

11月12日には アラナ・マルティナが誕生!

、、ということで 子供は4人です。

えっ?! でも 双子が生まれた 5か月後にまた赤ちゃんが?!

それはあり得ませんよね? では一体どういうことなのでしょうか?

母親は誰?

彼女のジョルジーナさんは?

2016年11月ころから交際が始まったとされる

ジョルジーナ・ロドリゲスさんは元グッチの店員でスペインのモデルさん。

Dolce & GabbanaのイベントでVIPルームが出会いだと言われています。

妊娠中も二人で公の場に姿を現し、出産後の写真もSNSで公開されていますので。

第4子の母親はジョルジーナさんあることは あきらかです。

、、と言うことは、双子ちゃんと長男のクリスティアーノジュニア君の母親は誰なんでしょうか?

クリスティアーノジュニアと双子の母親は?

ジュニア君が生まれた 2010年ころから5年間 ロシア人スーパーモデルのイリーナ・シェイクさんとお付き合いがありました。

では 彼女がジュニア君の母親かも? どうやら それも違うらしんです。

実は母親は非公表で 当初はアメリカ人のウェイトスとの一夜限りの関係で誕生したとされていました。 大金を払って 親権をとり、引き取ったなどとも報道されていましたが 現在では代理母出産で生まれたと報道されています。 真実は未だに誰も知りません。

ジュニア君も未だ知りません。

クリロナがイギリスのTVショーに出演した時 こんな会話がありました

司会者

「(省略)、、母親はあなたの人生のおいて非常に重要な役割をしているように思えますが、 あなたの息子さんが、その重要な母子の関係を持つことができないという事実に 心配になりませんか?」

クリロナ

「私は全く問題だと思っていません。世界中に母親のいない子供はいます。父親のいない子、父親や母親が亡くなった子供も」

「息子には父親がいます。素晴らしい父親が。そしておばあちゃんもいます。私の家族のサポートもあります。」

「息子が大きくなった時に、彼には真実を伝えます。なぜなら 彼には知る資格があるし なぜなら 彼は私の息子だから。 でも 私は周りの人々に聞かれたからといって 真実を明かすことはしません。」

そして 双子のエヴァとマテオは代理母によって誕生したものと新聞紙の取材によってほぼ明らかになっているようです。

興味深い偶然?

クリロナは 代理母によって誕生したとされる

ジュニアの誕生2010年にイリーナ・シェイクさん

双子の誕生2017年にジョルジーナ・ロドリゲスさん が特定の彼女になっています。

たくさんの女性と関係の噂はあるものの

なぜか 子供の誕生の年にだけ 特定の彼女と交際が始まっています。

TVショーで 付き合っている女性についての質問に こんなコメントも

「今 現在 何人かの女性と会っています。 どれが一番いいが 決めるためのプロセスをしてるところです。」

半分冗談まじりではありましたが、、

彼にとって 女性とは恋に落ちるものではなく 品定めをするものらしいですね

なんだか 今注文している僕の子供にふさわしいのは誰か品定めしてる。。みたいに聞こえなくもないです。

同性愛者のカップルや身体的な理由で代理母出産で子供を授かるのは聞いたことがありますが。

なぜ あんなに 若く健康な モテ男が 代理母を使ってまで子供を必要とするのか理解に苦しみます。

代理母ではなかったとして、なぜ 母親を子供の人生から完全に抹消する必要があるのでしょうか?

まとめ

クリスティアーノ・ロナウドの子供は全部で4人

名前は 第1子から クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア

双子のエヴァ&マテオ

第4子のアラナ・マルティナ

第4子の母親は現在の彼女ジョルジーナ・ロドリゲスさん

他の3人は代理出産と報道されている。

なんとも複雑な家族になってしまいましたが、SNSでは家族全員 仲睦まじい生活を送られているようですし 周りがとやかく言う必要はないのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする